Birdy Rise und Mullur Birdy Series

Birdy Classic

¥145,000~(税別)

いわずと知れた折りたたみ自転車の代名詞的存在のBirdy(バーディー)。
抜群の耐久性と、小径車とは思えない乗り心地に加え、クロスバイク並みの走行性能を持ちますから、 1日に100kmを超えるロングツーリングすら可能となります。
日本国内では1997年よりBD-1と言う名称で発売され続け、定番中の定番である事から、Birdy用の社外パーツも数多く、 基本部分はマウンテンバイク系のパーツで構成されますから、後々のアップグレードやカスタマイズを楽しみながら、 自分だけのオリジナルに仕上げて行く楽しみもあります。

Birdy Classicの詳細はこちら

Birdy Classic New

¥145,000~(税別)

いわずと知れた折りたたみ自転車の代名詞的存在のBirdy(バーディー)。
抜群の耐久性と、小径車とは思えない乗り心地に加え、クロスバイク並みの走行性能を持ちますから、 1日に100kmを超えるロングツーリングすら可能となります。
日本国内では1997年よりBD-1と言う名称で発売され続け、定番中の定番である事から、Birdy用の社外パーツも数多く、 基本部分はマウンテンバイク系のパーツで構成されますから、後々のアップグレードやカスタマイズを楽しみながら、 自分だけのオリジナルに仕上げて行く楽しみもあります。

Birdy Classic Newの詳細はこちら

Birdy Monocoque Air

¥185,000~(税別)

待望の重量 10kgを切る Birdyの新モデル 「Birdy Monocoque Air」。 中空シャフトのクランクや、Nonajustのハンドルステムなど、徹底したパーツの見直しにより重量 9.87 kg(ペダル除く)を実現しました。 キャリパーブレーキの採用と相まって、輪行のしやすさも向上しており、 18x1.25(約32mm幅)のSCHWALBE KOJAK と言うタイヤを履く事で、軽量なクロスバイク並みの走りが可能となっています。 エントリー価格で、ビギナーの方にもおすすめですし、高速でガンガン軽快に走りたいと言う、やる気マンマンの方にもお勧めです。

Birdy Monocoque Airの詳細はこちら

Birdy Monocoque Standard

¥225,000~(税別)

Birdy Classicや、BD-1と言う名称で販売されていた時のモノコックフレームとは似て非となる物です。
重心は低く、ハンドルステムやフロントフォークの剛性は上がり、無駄なサスペンションの動きも制御されておりますので、 さらにカッチリした乗り味となっています。
メカ好き男子には堪らないディスクブレーキですが、軽いタッチで雨天や悪路走行時もシッカリとした制動を得られ、Vブレーキの数倍減り難い為、 メンテナンスの頻度も少なくて済みます。Vブレーキに比べてパンク時のホイール着脱も短時間で済み、 更なる高速巡航性能を上げる為のホイール20インチ化も手軽に行えます。

Birdy Monocoque Standardの詳細はこちら

Birdy Monocoque Sport

¥290,000(税別)

Birdyシリーズ最高峰モデル。
簡単に言うと、Birdy Standard Discが9段変速に対して、Birdy Sport Discは10段変速になり、各部のパーツがグレードアップされていると言う事なのですが、 ホローテックタイプの中空BBを使用したクランクや、TRPのディスクブレーキ、フラットバー用のSHIMANOブレーキレバー、とても短いストロークで変速できる アルミ製のシフトレバー、ロックオングリップなど、操作性や質感、メンテナンス性と言う部分にとても気を使い、 さりげなくトータルで格好良くなるように仕上げた完璧な大人の一台と言う感じです。

Birdy Monocoque Sportの詳細はこちら

Birdy Parts & Accessories

Birdy(バーディー)、BD-1(ビーディーワン)、Peugeot Pacific18(プジョー パシフィック18)、 Bianchi Fretta (ビアンキ フレッタ)等の修理用部品、オプションパーツやカスタムパーツを多数搭載

Birdy Parts & Accessoriesはこちら

PAGE
TOP